忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  山
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

そーいう予定じゃなかったんだけどな 

連休ということもあって、前々からこの日はどこかの高山に登りに行こうと決めていたんですが、天気が悪い方向になりまして、近隣はすべてアウトでした。
で、ピンボイントで長野県の車山霧ヶ峰方面ならまだ歩けるだろう、ということで、そこまで遠いとほぼドライブになるんですが、それでも湿原を歩こうと出かけました。
いや~、この暑いなか、いいお天気の高原がそこしかないとなると、あちこちから人が繰り出しますわなぁ。
もう、大渋滞でした。
駐車場まで30分。駐車場も1000円なりの有料になんとか滑り込んだ状態です。
しかも、なんにも地図の用意がなくて、現地のざっとした地図だけで車山湿原を歩いてみようと歩き出したら、あらまあ、ショートカットのつもりがとんでもない道を歩くことになっちまいまして。予定外にたくさん歩きました。
花はそこそこ咲いていたし、蝶もたくさん飛んでいたんだけどね~。どれもわぁ~って言うほどのものではなかったです。
ただ、ニッコウキスゲだけは圧巻で、斜面が黄色く染まって見えるほど咲いていました。
帰りには下諏訪の温泉にも入って、それなりにうまいこと楽しんだ休日になりましたとさ。

PR

浅草山に登って来ました 

いや~、疲れたわ~。
相変わらず虫が多くて、黒いネットをかぶって登って行ったら、どんどんと気分がめいってきて、しまいに心が折れそうになって、ものすごくトロい登山になってしまいました。だめだわね~、あの虫よけネット。虫もイヤだけどさ、視界が暗くなるのよ。
それにつけても、浅草って、あんなにガンガン登ったっけ、と思うくらいのぼりがキツくて、もしかして、自分が思っている以上に体力は落ちているのかもな、と思いました。
中高年が体力をつけるのって、どうしたらいいんでしょうね。
毎日立ち仕事で、デスクワークの人よりは体を動かしているんですけどね。
意識して筋トレしないとダメなのかしらねぇ。
うーむ。

青田南葉山に登ってきました 

例年なら2週間ほど早く登っていたんですが、今年はちょっと遅い登山です。
と、いうことで、雪はほとんどなく、シラネアオイもほとんど無く。
雪解けのぐちゃぐちゃしたものすごく登りづらい登山になりました。
天気も予報では太陽マークだったのに、太陽なんて雲の切れ間から見えるくらいで、終始どんより。頂上付近はずっと霧。
ま、霧だったので雨よりマシでしたが。
下山時は山が崩れるんじゃないかというくらいの強風で恐ろしかったです。木々がゆっさゆっさ揺れまして。でも、木が揺れるけど、歩いている人の所まではそれほど風が届かなかったのでよかったです。
ただ寒くてね~。
4月くらいの気温だったそうで。
下山の風の時は体温を奪われたらマズイとずっとフードをかぶっていました。
雨もちょっと降ったんですが、それほど濡れなかったです。
ただ、登山時消防と県警がキャンプ場に行くまでの林道のあちこちにいて、何やら捜索している様子なのが気になりました。
登っている最中、ずっとヘリコプターがホバリングしていたし。遭難かなぁ。
10時ごろ林道にあった「本部」と書かれていた一隊は、3時ころに帰る時にもそのままだったし。何があったのか、ちょっと気になります。
大きな事ではないことを祈ります。

戸倉山に登ってきました 

毎年欠かさずにこの時期に登る山なんですが、毎年毎年よくもまあというくらい植物の育ち具合が違います。
今年はもうちょっと雪が多いかと予想していたんですが、予想ほどではなく、緑がものすごく濃くなっていました。
サンカヨウなども咲いていて、すっかり初夏の面持ちでした。
気温も高くて、とにかく疲れました。
尾根に出てからが長くて、こんなに大変な山だったっけか、とうめきました。
下山時には野生のウサギが姿を見せてくれましたよ。3メートルくらい近くまで来て、ちっとも怖がっていない様子でした。
この山では以前大きな鹿を見たこともあるし。
花もたくさん、動物もたくさん、虫もたくさんな山なのね~。
写真はそのウサギです。

能化山に登ってきました 

毎年恒例のイワウチワを愛でる能化山登山に行ってきました。
まだちょっと早かったです。
標高の低い日当たりのいい場所でようやく少し開いている程度でした。
午後になったらもうちょっと咲いてくれたかもしれないけどね。
カタクリはまだまだこれから楽しめる感じだったし、シュンランは花芽が見えたくらいでした。
来週末がよいと思いますが、来週は我々は桜に走る予定です。
いや、今年初登山だったので、ふくらはぎパンパンですぅ。
心地よい疲れですな。

HOME次のページ ≫
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]