忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
Home
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

どこから来たんだ 

我が家の庭。
実はリフォームした時にかなり荒れまして、シンボルツリーだった琵琶の木を切ってしまいました。
今の季節、彩になる芝桜もかなり減ってしまって、さみしい庭なんです。
が、いったいどこから来たのか、1本だけスイセンが生えました。で、ちゃんと咲きました。
あれ、増えてくれないかなぁ。
真ん中だけ黄色いタイプのスイセン、好きなんだよな~。
去年はいったい何の花?というくらい花がぽつんとしか咲かなかったヒヤシンスも今年はなんとかヒヤシンスらしく咲いてくれたけど、風で倒れちゃった。
今はイチゴの花がまるでハクサンイチゲの群落みたいに咲いてます。うーむ、摘蕾しないとな。
勝手に咲いてくれる花があると、ホントに楽です。
庭仕事って、なかなか暇がないとできないのよね。
PR

どーも口腔アレルギー症候群らしいぞ 

私の口内炎もどき。もう2か月近く口の中がやけどしたみたいにヒリヒリするんですが。で、耳鼻科の医師が匙を投げて、なんなら大学病院を紹介すると言ったんですが。
どうも口腔アレルギー症候群らしいです。
いや、医師が診断したわけではなく、ネットを調べていったらどうもそういうことじゃないか、という感じ。
つまり、症状は口の中だから耳鼻科に行ったけど、実はアレルギー科の病気だった、と。
いや、でもさ、花粉症の人だって耳鼻科に行くんだからさ、耳鼻科の先生も疑いを持って診断してくれないとマズイんじゃないかと思うんだけどね。
症状の出た日からこっち何が今までと違うことをしたかと考えていって、健康のためにナッツを食べ始めたことに気がつきまして。
しかも、大好きなヘーゼルナッツの素焼のやつが売っているのに気がついて、毎日3つくらい食べていたんです。それがまずかったのかも。
ってか、もともとシラカンバ系の花粉症の疑いがあったんです。前にした検査の時に出なかったんだけど、登山した時シラカバの真ん中に行ったら呼吸困難になるくらい咳が出たことがあって。こりゃ怪しいと思っていたんです。
で、ヘーゼルナッツというのはカンバ系の樹木の実で、花粉症の人に同系列のタンパク質、つまり実が摂取されると、口や喉のあたりにアレルギー症状が出るという仕組みだとか。
こいつがやっかいで、血液検査では陽性反応が出ないことがままあるアレルギーだそうです。
どっちみち、花粉症と同じで治ることのないものだそうで、その症状が出るとわかったらできるだけ食べないようにすれば軽減されるそうです。
と、いうことで、私、ヘーゼルナッツ大好きなのに食べられません~。ほかのナッツも大好きだけど、ちょっと控えてみようと思います。
こんな所でおかしなアレルギーが出現するとは思いませんでした。とほほ。

暑い日曜日 

今日は昨日以上に暑くなりまして。
一日しかないお休みなので、掃除洗濯で忙しいし、GW直前のお休みだから今日はどこにもいかないつもりだったんですが、あまりに暑いしいいお天気なので夕方になってから弥彦神社に行ってきました。
弥彦の桜は八重桜ということで、八重桜を見に行ったんですが、桜園にたくさんの種類の桜がありましたよ。まるで植物園みたいでした。
もしかしたら桜って、八重桜のほうが種類が多いのかしらね。
夕方だったので人もまばらで、ゆっくりお散歩ができました。
公園のほうにはおもてなし広場というのが知らないうちにできていて、足湯や手湯などもあり、にぎわっていましたよ。



今週ののっぷぴ

最近豆ちゃんの写真が少ないので。最近は白猫兄弟にいじめられるので、夜は別部屋に保護されて母と一緒に寝れません。さみしいね、豆ちゃん。

6日労働につき 

ちょっと疲労が混んでます。
おやすみなさい。

アレルギーとな 

きゃこちゃんの話。
1か月以上前からきゃこちゃんが耳を足でかくことが多くなり、しまいに出血するようになりました。
てっきり白猫兄弟から守るために避難スペースに閉じ込める時間があることがストレスになって、かいてしまっているのだと思っていました。
それが最近さらにひどくなり、耳がひどいことに。
で、今日動物病院に行ってきました。
てっきりストレスだと思っていたのに、医師の診断はアレルギーだって。
きゃこはもともとアレルギー猫でして、魚の入ったものは食べられません。カリカリも内容をじっくり見て魚のエキスとかフィッシュミールとか、そういうのが入っているものは避けて、常にチキンを与えていました。
きゃこ自身も缶詰めが出ていても口をつけなかったんです。
それがここにきてアレルギーとは、いったい何?
まあ、きゃこが本当に缶詰に口をつけていないかというのは、留守の時でも豆のために缶詰めが出ていたりすることがあるので、よくわからない点ではあるんですが。
それにしても、本当にきゃこちゃんが口にするものは限られているので、いまさらアレルギーと言われても困るんですが。
とにかく、ステロイド剤の錠剤を処方してくださったんですが。きゃこは缶詰め食べないので、餌にまぜて与えることもできません。きゃこはホントーに難しい猫で、手や口に触られるのが命を取られると同じらしく、激しく抵抗します。
爪も切らせてくれないし。絶対薬は飲ませられないと医師に訴えたところ、塗り薬をくれました。が、こいつは耳の症状に塗って対処することはできても、アレルギーそのものに効くものではないそうで。そりゃそうだわな。
一応錠剤ももらってきて、チャレンジするつもりではあるんですが、確実に私が怪我します。耳だけ塗り薬でなんとかするしかないかなぁ。
エリザベスカラーも借りてきたよ。病院で試しにつけてもらっただけで、ものすごく激しくイヤがっていたよ。
ホントーに困った猫です。
しかし、何のアレルギーかなぁ。
高齢になってきたからかなぁ。
HOME次のページ ≫
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]