忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  猫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

どこにいったんだ 

今現在、日中の猫だけの留守番の時、1階と2階に猫どもを分けている都合上、どうしてもエアコンを2台稼働しなくちゃならなくなっています。
若い白猫兄弟はたぶんエアコンはいらないとは思うんだけど、九ちゃんが特に寒がりな猫でして、飼い主の心情として暖房ゼロにはできないんです。
せめて、1階のリビングは、夜はきゃこちゃんだけになるので、エアコンじゃなくて湯たんぽにできないかな、と思いまして。
で、湯たんぽ、ミユキちゃんが病気の頃に使っていたやつが確実にあるはずなんですが、リフォームの時、片づけて、いったいどこにいったんだかさっぱり分かりません。物置部屋にあるものと思い込んでいたんですが、どこにもないんです。
何かしらの箱の中に収めてしまっていたら、その箱ごとどっかに行ってしまっているんだろうなぁ。色々な箱が積まれているから、下のほうだと絶対に開けられないし。
うえーん、買い換えないといけないかしらん。
ただでさえ、きゃこ部屋を作るのにお金が飛ぶようになくなりそうなのにぃ~。
ホントに困っちゃうぞ、私の片づけ下手は。

PR

ダメみたいです 

きゃこちゃんと白猫兄弟の件。
昨日の夜から今日の夕方わたしが帰って少したつまで、お姉ちゃん2匹はリビングに白猫兄弟は2階に、と完全に分離しておいて、落ち着いたかな、と思って中に入りたがっている白猫兄弟をリビングに入れてみました。
一番問題だと思っていたきゃこちゃんと九は、ストーブの前でまったく気にもしていないふうにしてリラックスしていたんですが、きゃこちゃんがリビングから出ようとしたあたりで、八がダッシュできゃこちゃんを追いかけはじめまして。
そうなると九も追いかけて、きゃこちゃんは2階に追い詰められることに。
人間が割って入るほどの状態ではないと思ったので少し様子を見たら、とんでもない大げんかになりました。
2階の猫部屋に白と茶色の怪我飛び散り、ものすごいしっこ臭。どいつかわからないけど、大量にしっこを漏らした様子。
とにかく、また隔離しました。
ついさっきまで2階猫部屋の掃除をしていましたが、まだしっこのニオイが漂ってます。
わたしにもくっついたかも。シャワー浴びなおしたけど。鼻の奥がしっこ臭。
いや、それはいいんです。
問題はこれからで。
ずっと2匹ずつ隔離して暮らすワケにはいかないだろう~。
ちょっとネットで調べたら、2週間ほど隔離して、徐々にお互いの存在をわかるようにして、さらに飼い主が仲をとりもって仲良くさせる、という方法があるらしく、とにかく、2週間はこのままかな、と覚悟はしています。
寒くならなきゃいいんだけど。
とりあえず、1階と2階、両方エアコン入れなくちゃ。とほほ。
猫が仲悪かったり、病気したりすると、私、ものすごく落ち込むのよ。
何もかも手につかなくなるのよ。
自動車事故や仕事での怪我は気をつけないとなぁ。
本当に本当に切ないです。
みんなかわいいわたしの大切な猫たちなのに。
べったり仲良くならなくていいからさ、ケンカしないでよぉ。

困った 

ついさっきのことなんですが、
九ちゃんがきゃこちゃんを本気襲いしまして。
毛も飛び散る本格ケンカなんですが、問題はきゃこは12歳の年寄、九は7キロ近い大猫。完全にきゃこちゃんの命の危険を伴うことで。
きゃこは白猫の姿を見るだけで唸り続けるようになり、まともな感じではありません。
これは困りました。
八まで九に加勢して、きゃこを追いかけるし。
これから寒くなるのに、みんな一緒に寝てくれたり、みんなで同じ部屋で暖をとってくれたりしないと、ホントーに困るんですが。
今日はとりあえず、1階のリビングにきゃこちゃんだけ隔離してみます。
今後ずっとこの体制、というと、あまりに不自然で家族ではないです。
どうにか仲良くなって欲しいんですが、無理かしららららら。
困りました。
困りました。

結局動物病院に行きました 

きゃこちゃんの怪我。
今日、帰宅してみてみたら、なんだか赤くなっていたし、なめているようだったので、心配し続けるのもイヤだし、病院に連れて行くことにしました。
医師はちょっと見ただけで、怪我だと言いまして。
何かにひっかかったような怪我だ、とのこと。
同居の猫のひっかき傷ではないようだそうで。
私が懸念していた皮膚病でもないようで。
化膿しないように抗生剤を打っていただいて終了です。
まあ、きゃこちゃんは痛がっていないし、食欲もあるので、あとはなめまくって化膿させないようにするだけです。幸い、それほど執着してなめてもいないので、エリザベスカラーも出されなかっし。
抗生剤は2週間効くそうなので、その間に傷も治ると思います。
そうそう、11月2日に包丁でざっくり肉つきで皮をそいでしまった私の左の人差し指の傷も、2週間近くたってほぼ治りました。まだ赤いんだけどね。触っても痛くないくらいになりました。人間でもそんなもんなんだから、猫はもうちょっと治りが早いと思います。
年寄なんだからさ、心配させるなよ、きゃこちゃん。
しかし、何で怪我したんだよぉ。
危険なものが家の中にあるとしたら、片づけなくちゃならないじゃないの。
2階だと思うんだけどなぁ。何もないんだけどなぁ。

きゃこちゃん、どうした~っ 

今朝、きゃこちゃんを撫でたら、足の背中側の付け根あたりにかなり広範囲にカサブタが。
怪我なのか、皮膚病なのか、さっぱりわかりません。
外見ではまったくわからなかったので、毛が抜けるタイプの皮膚病ではなさそうだし。
さらには、きゃこちゃんは、毎朝7時ころ、きゃこちゃん撫でくりタイムがありまして、ほぼ毎日いやっていうほど撫でくりまわしているんです。その時に気がついていないんですよ、私。
問題は、会社がない日曜日などはその撫でくりタイムがなくなることが多くて、昨日の日曜日もなかったんです。
で、昨日、2階の猫部屋をみっちり掃除した時にごそっと茶色い毛が落ちていまして。
つまり、土曜日の朝から今日の朝までのあいだ、いや、昨日の午後掃除する時までの間だな、までにきゃこちゃんの毛がごそっと抜ける何かがあって、と思っていいのかと。
自分自身でひっかける場所ではないので、何者かが汲みついて引っ掻いたのかも。
何者って、そりゃ、白猫のどっちかでしょぉぉぉぉ。
でも、カサブタになっているし、きゃこちゃん自身もほぼ気にしていないし。
慌てて病院に連れていくこともないか、と、判断しています。
傷がぐじゅぐじゅしていたり、腫れたりしていたら問題だし、気にしてひっきりなしに舐めていたりしたら問題なんだけど。
まったく、もし本当に白猫が犯人だとしたら、どーしたもんだろうか。
年寄姉ちゃんに襲いかかるとは、ゆゆしき問題だぞ。
HOME次のページ ≫
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]