忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  猫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

衝撃だわ 

白猫の白い毛について。
今日はよく晴れて、乾燥もひどかったとみえます。
掃除機をかけていたら、白猫の毛があまりよく吸い込まれずに寄せ集まった固まっている感じ。
あれ、吸引力が低下したかしら、と思って紙パックを見てみたらパンパン。
一週間たっていないと思うがな、前に変えたのは。
とにかく、新しいパックにして、吸引もすごくなったのに、なんだか白猫の毛の塊を吸い込んでくれません。
よーく見てみたら、なんと、静電気を発していて、床と毛がくっついているのよ。
強力になった掃除機の吸引力をもってしても、はがれてこないくらいの静電気なのよ。
衝撃だったわ。
掃除機でゴシゴシして塊にしてしまったらアウト。静電気も発してくっついてしまうらしいです。
ふんわりとしている段階で吸い込めば吸い込めるんだけどね。
静電気でくっついた毛に関しては、雑巾でふき取る以外なくて、手間がひどいです。
ああ、何年も猫を飼っているけど、これほど毛に悩まされたことはないぞ。
あとさ、今朝、布団の中で吐かれてしまってね。
忙しいのに朝にシーツとパジャマ洗う羽目になったわよ。
乾燥しているからすぐ乾いたけどさ。
猫の嘔吐物と寝てしまったわよ。これも、衝撃だわ。
布団の中で吐かれたときに気がつかなかった私に対して衝撃を受けています。しくしく。
白猫め、こいつら、共闘して私をいじめる気だわ。
PR

冬物を洗う 

晴れのマークが続いているので、少しずつ猫の冬物を洗っています。
あ、着物じゃなくてね、敷物ね。
今日はその中でも特に白猫たちの毛がみっちりとついている毛布を洗いました。
もちろんそのまま洗ったら洗濯機が大変なことになるので、毛をコロコロで取ってから、と思ってコロっとしたんですが。
一回転で全くくっつかなくなるくらいびっしりと毛がくっつきました。毛布の外見は真っ白な毛だらけのまんまです。
何度新しい粘着にしても一回転で使用不能になるので、しまいにガムテープにして、ベッと貼り付けては剥し、貼り付けては剥しを何度も繰り返してやっと毛が少なくなった感じがしたので洗濯機に投入しました。
いや、たぶん、それでもまだ毛だらけなんだろうけど。
屑とりネットぱんぱんになってたし。
毛布とってから、洗濯槽をゴシゴシふき取りましたよ。
でもきっと、次の洗濯ものにも白い毛がくっつくんだろうなぁ。
怖いよぅ、白猫兄弟の白い毛~。

換毛期 

換毛期です。
白猫どもの毛がものすごいです。
ちょっと掃除機をかけるのをサボると、ふわふわの毛が玉になって、コロコロと家の中を転がります。
床は一面白い毛だらけ。
ブラシを片手に白猫を追いかけています。
まあ、冬毛のままじゃ暑くなるだろうから、仕方ないんだけどね。
床に何にもおかずにルンバをへやごとに設置したい気分。
でも一番目立つのが階段なのよ。
階段を自動で掃除してくれるルンバはないものか。
もし発売されたら、買うぞ。

埋めれ 

仕事から帰宅すると、いつもはにゃーにゃー騒ぐ白猫兄弟が1匹足りません。八っちゃんしかいません。
九ちゃんはどこに行ったのかと探すと、私のベッドの中。
布団から掘り出して、九ちゃん、ごはんだよ。ストーブもついたよ、と呼んだんですが、目をしばしばさせて、眠いから埋めれ、と言ってくれました。
仕方ないので、もう一度布団をかけなおして、そのままにしたら、本当に3時間ほどそのまま寝ていました。
もともと九ちゃんは帰宅した直後にあげる缶詰めのごはんはあまり食べず、常に出してあるカリカリが好きで、どうも寝る前くらいにいっぱい食べたようです。
夜八時過ぎに夜のカリカリを出してあげる習慣になっているんですが、その頃になって起きだして、めしよこせ、腹減ったと騒ぎだしました。
うーむ、すっかり年寄だぞ、九ちゃん。
あまりに寝すぎて、夜中に騒ぎませんように。
こうなると末っ子キャラの八っちゃんのほうが理解しやすくてかわいいのよね。
八っちゃんは、缶詰め大好き、人間大好き、腹いっぱいになったら静かにねんね、だもんね。

怒らない 

昨日はサーバーにアクセスが集中しているとかでついにブログに記入できませんでした。
いたって元気でこちらには何の不都合もなかったんですが。
で、何を書くつもりだったかというと、八ちゃんがね。
2階の猫の飲み水を取り換えようと思って、器を持っている私の腕に突進してきまして、見事に水を全部ひっくり返しました。
これがまた場所が悪くて、ほぼ階段の頂点で。
と、いうことは、2階の廊下の床から階段から1階の廊下の床まで全部水浸し。
はちべぇぇぇぇぇぇぇ。
とんでもない事態になりまして、ダンナと一緒に寒い中びちゃびちゃの床と階段を掃除しましたとさ。しくしく。
でも、あまりムカつきません。
猫どもが吐いてそこらじゅう嘔吐物だらけになっていても、あまりムカつきません。
そーいうことでは、とくに怒りの感情は出てこないの。
むしろ、怒られるかとドキドキしているらしい猫たちに怒っていないよ~というくらい。
どっちかというと、ただひたすらにゃーにゃー鳴かれているほうがイライラします。
うちの白猫はスイッチが入ったようにひたすらにゃーにゃー鳴くことがあって、本当にイライラするの。たいてい私が忙しい時なのよ。
泣いている子を抱っこしたり撫でたりしてあげたいのにできなくて、声をかけてしずめようとするんだけど、それでも泣いていて。
イライラします。
子供を虐待する気持ちがあまりよくわからなかったんですが、前に溺愛していたムチャがとてもイラっとする声で泣くときがあって、ああ、この声を出されてついはたいてしまうんだな、と思ったことがあります。
なんか、直接感性に訴えるトーンというのがあるのだと思う。
でも、怒りません。怒るのと自分がイライラするのとは別次元だものなぁ。
と、いうことで、うちの猫どもは危ないことをするときとケンカしたとき以外、私には怒られないのだ。
ああ、飼い猫になりたいなぁ。
HOME次のページ ≫
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]