忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  日常
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

出勤土砂降り 

今日は家を出るときは降っていなかったんですが、会社の駐車場に着くなり、とんでもない大雨に。すんごい勢いで大粒の雨が降りまして。
みんな着くことは着くけど、自動車から出られなくて待機。
でも、始業時間が迫るし。いっこうに雨は弱まらないし。
一人が駆け出して、次々雨の中、傘をさして走りだしました。
私、実は駐車している場所が一番遠いところでして。
ダッシュで走ったんですが、とにかく排水が間に合わない大雨で、入り口までの道のりが全部川。もしくは、池。
完全に足、びしょびしょになりました。
ほぼ全員そんな状態で、マトモに始業できるわきゃありません~。
扇風機を濡れた衣服にむけて回したり、進入した水を掃き出したり。
私、6月頃のとんでもない雨の予報の時から鞄に靴下を入れておいたのが、今回初めて役にたちました。靴下はきかえて、扇風機の前にぶら下げて乾かしましたとさ。そんな異様な光景にだれも突っ込みを入れないくらいみんなびしょ濡れの土曜の仕事。やる気なんざ、出ませんわな~。
そんな土砂降りも30分もしないであっという間にやみまして、帰るころにはいいお天気になってました。
濡れたの、なんだったのかな~。
ちょっと湿った靴だけが、あの土砂降りの名残でしたとさ。
PR

高級扇風機 

我が家のエアコン、外気温に忠実に反応して動くので室内の人間の快適さに反応してくれない、と、前に文句たれましたが、実は除湿運転でもそうなんです。
外気温が低いと除湿を選択していても動いてくれないので、湿度が高くて気温が低い時は(低いって言ったって25度くらいよ)エアコンのスイッチを入れていても不快指数が高いんです。
そんなこんなで、ついに買っちまいました、高級扇風機。
普通の扇風機の風はあたり続けるとなんだかだるくなるけど、高級扇風機の自然な包み込むような風は大丈夫。つけっぱなしにして寝ても寝心地がいいよ、ということで。
かれこれ1週間ほど使っていますが、たぶん寝心地いいんだと思います。
エアコンのタイマーが切れて部屋が暑くなっても飛び起きないもの。
首が左右上下にランダムに動くし、羽の動き自体もゆっくりになったり早くなったりします。
ついでにナノイーもついていて、寝室のニオイ除去も買ってでてくれてます。
扇風機と思うとかなり高かったけど、エアコンの代わりと思うとかなり安かった気がします。いや、結局エアコンも使っているけどね。
眠りは大切でっせ。
高級扇風機、我が家ではリビングはやっすい扇風機なのに、寝室に鎮座してくれています。あ、いや、背が高いやつなので、起立してくれてます。

結局暑いわ 

ニュースで東京が涼しい涼しいと連呼するもんだから、暑い夏は終了したんだと思っていたら、結局暑かったです。
お仕事始めた直後はお盆も過ぎると涼しいわね~なんて思っていたけど、すぐに汗がたら~。
午後なんか、目にしみるほど汗かいてました。
今年の夏はホントーに汗かいている私です。
健康なのか健康でないのか、もはやわかりません~。
ま、今日の汗は、お休みの間、エアコンの効いた部屋でだらだら過ごしていた体が、いきなりの肉体労働に悲鳴をあげたせいだとは思いますが。
これから毎日また労働の日々ですぅ。

昨日は 

昨日は月山に登ってきました。雨の新潟を出発し、好天のリフトで途中まで行って、雨の山頂で濡れました。帰りは夜になったし、久々の登山で疲労したので、そのまま就寝。
今日は今日で平日にしか片づけられない事務仕事で一日を潰してしまいました。
あーあ、夏休みなんか、短い。
でも、私は明日もまだお休みなのよね~。
この一日のオマケみたいなお休みで、なんとか色々片づけたいと思います。

ショッピング 

今日は家族サービスの日ですぅ。
帰省している姉の要望を受けて、家電量販店だのユニクロだのあちこち回りました。
老母も連れて行ったので、好き勝手に歩き回る二人を私とダンナでフォローしなくちゃなりませんでした。いや~、ダンナが付き合ってくれて、本当に助かりました。そうでなかったら、きっと疲労困憊して、今頃寝込んでいたと思います。
姉は自分の家だとゆっくりと買い物するヒマなんてないそうで、帰省した時にわざわざ田舎でショッピングするというワケのわからないことを楽しんでいます。
まあ、満足いただければそれでいいです。
このところ猛暑で散歩もできなかった母にもいい運動になったし。
それぞれ、なかなかできないことを夏休み中にするというのはいいことかもね。
えーと、私たちはその母と姉をほったらかして、明日は石川にドライブ、あさっては月山に登山に行くつもりです。
晴れろよ。
HOME次のページ ≫
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]