忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  日常
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

秋の空 

変わりやすいですね~、秋の天気。
朝は雨っぽかったのに、午後からはよく晴れました。
雨だからできないとあきらめていた庭の草刈ができまして、多少は気持ちいいです。
やっぱり晴れないと家事も進まないもんなんですよね。
からっと晴れたら、肌掛け布団なんかも洗って干してしまいたいんですけどね。シーツも洗いたいし。明日洗っちゃおうかな、雨ざんざんの予報だけどさ。今日みたいに晴れるかもしれないし。
今日は洗わなくて後悔したもの。
明日も珍しく私一人で家事に一日を費やせる日なので、あちこち片づけたいと思います。
なんでこんなにやることが多いのかしらね~。
ってか、日常で後回しにしていることが多すぎるのかしらね~。
明後日もお休みだから、明日は昼寝できるかも。
それがささいな楽しみです。
PR

通勤時間にやめて~ 

今日遅刻しちゃったぞ。
というのも、私、信濃川を渡る橋を渡らないと職場に行けないんだけど、その橋を渡った直後の道で事故があったようで。
橋からまっすぐ行くのがメインの道路でその道路が警察によってふさがれていたようです。
私は左に曲がるので、事故のあった道には行かないんだけどさ。
でも、橋からまっすぐの道がふさがれているもんだから、そっちに行きたい自動車が右折レーンには行けず、さりとて左折すると職場から遠くなるという状況で立ち往生。つまり、橋の出口をふさぐというのが、信号のたびに繰り返されて、大渋滞になりました。
だからさ、まっすぐ行く道にはちゃんと警官がいて、こっちから先には行けないと言っているんだけどさ、あんたの役目は道をふさぐんじゃなくて、自動車を流すことだろう、と思うのよ。
つまり、ふたになってしまった自動車を右折か左折させるのが警官の役目じゃないのよ。
右折も左折も土手を通る道なので、しばらくしたら土手から下りられて、下りた場所からそれぞれ直進の事故のあった現場から先にはちょっと遠回りだけど行けるはずなのよ。
それを指示しないで、ただ直進は行けないというだけだから、通勤時間に大渋滞になったワケで。
警察官にも使えないヤツがいる、と、しみじみ思ったのでした。
幸いってか、職場には私と同じ橋を渡る人がもう一人いるので、事故渋滞が嘘じゃないっていうのは分かってもらえるけど、あれは事故渋滞というよりは、交通整理しない渋滞だぞよ。ぷんぷん。
ってか、橋の手前で橋の先が行けないってわかれば、半分以上は別の橋に迂回したと思うよ。
通勤時間帯の事故の対処は迅速にしようよ。みんないらいらして、さらに事故が増えるからさ~。

片鼻呼吸 

昨日書いた片方の鼻の穴をふさいでゆっくり呼吸を交互の穴でする、というやつ。昨日の寝る前にやってみました。
10分間しろ、というので、忠実にやってみましたわよ。
それがねぇ。
ほぼ酸欠状態になりましたとさ。
やり方がどうの、というのではないと思うんだ。
なんたって、人間は実は常に片方の鼻の穴しか使っていないというのを前になにかで見た気がします。一方が通っていると、一方はふさがっているワケで。
つまり、交互に10秒ずつ片方の鼻をふさいで呼吸すると、かならずふさがっている穴で10秒呼吸する時間が10秒おきに訪れるワケでして。ものすごい力で空気吸わないと入って来ないの。
開いている穴のほうはたっぷり空気入ってくるので、その量のギャップもものすごくて、10分がんばっていたら、呼吸の仕方忘れて、ホントーに酸欠になりかけました。ヤバいです。
それで副交感神経が優位にたって、安眠できるようになったかというと、それもダメでした。
なにせ、酸欠状態から回復しようと、むしろ興奮状態になったようで。
毎度の夜と同じように1時間半おきに起きてトイレに行きましたよ。
いや、個人差はもちろんあると思うので、昨日のテレビのお話を完全否定するわけじゃないです。
わたしには合わなかったんだなぁというところで。
私が安眠するためには、まず泌尿器科に行って、慢性膀胱炎をちゃんと治さないとダメっちゅぅこったなぁ。いや、ちゃんと泌尿器科に行って、治ったって言われたんだけどね。治ったって言われてもなおお医者に行くバカいないものなぁ。困ったなぁ。

血圧について 

さっきテレビで高血圧には良質の睡眠がいいのだと言ってました。
私、睡眠について言えば、実に質の悪い睡眠しかとれてないので、いかんなぁ、と思いました。
なにせ、1時間半ごとにトイレに起きる慢性膀胱炎女なんで。
片方の鼻の穴でゆーっくり呼吸するというのを左右交互にして10分くらいするとリラックスできてよく眠れると解説してたけど、それで膀胱のほうもどうにかしてくれればねぇ、眠れるんですけどねぇ。
人間って1つの個体ではあるけど、色々な臓器が色々な機能を発揮して動いているので、単一の見かたでは片づけられない事象というのもあると思うのね。
今、お医者は、色々科目が分かれていて、それぞれ得意の分野の見かたしかせずに診断するけど、たぶん、人間ってば、そんなに簡単なものじゃないんだろうな、と自分の体をもって思います。
だからさ、血圧についても、単純に睡眠や塩分や運動や、そんなものじゃ片づけられない要因がまだまだあるんだろうな、と思います。はい。

めんどくせぇ~ 

何が面倒って、私の体調だ。
どこかの高校で雨の中体育祭をやったら、低体温症の症状で救急搬送された生徒が複数いたってニュースでやってたけど、たぶん、ここ数日の私の体調不良はそれに似ているんだろうな。
夏のなりはじめ、急に暑くなって、まだ体か暑いのに慣れていなくて、それほど高温になっていなくても熱中症になる、という事例があったけど、急に涼しくなってもやっぱり体が慣れていないっていうことがあるんだと思います。
先の高校生も、別にゆっくりと涼しくなってからの20度くらいの気温に雨に濡れた、というのなら、救急搬送されるほどひどくならなかったと思うんだ。つい数日前まで35度近くなっていたっていうのに、急に20度くらいの気温になったら、そりゃ体もびっくりするわさ。
で、私だ。
ここ数日体が重いですぅぅぅぅ。
胃の後ろっかわ、というか、横隔膜のあたりというか、重くて痛い感じが続いているし。
人より早めに長そでになったり、上着を着たりしているんだけどなぁ。
ああ、めんどくせぇ。
温室でぬくぬくしていれば体調もいいのかしらねぇ。
お医者に行くほどでもない不調というのが一番イヤかもね。薬飲めば治るという望みがないものね。
とりあえず、喰って寝ます。
それが一番の薬です。
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]