忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  new  >  現在のページ  >  old
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

なんか匂う 

臭い話です。
我が家ではどういうワケか猫のトイレが私のベッドのすぐ横にありまして。
これには理由があるんです。
一番初めの猫たちの時、まだ小さいアパートで暮らしていて、どうしてもベッドとトイレをそばにしなくちゃならなかったんですが、そのおかげで尿道結石を早期に発見できたことがあったんです。
だもんで、トイレはすぐに見える場所、と決めていたんですが。
その後色々ありまして、前は私の頭のほうにあったトイレも足元の変更になり、ほかにもたくさんトイレの設置場所が増え。
で、問題は白猫兄弟だ。
こいつらの排泄物、もんのすごい臭いんですぅぅぅぅぅ。
なんか、別物くらいに匂うんです。
猫のトイレをきれいにて出るものは、バケツ大の密閉容器に入れておいているんですが、この密閉容器がもう20年以上使っているもので、どうやら密閉度合いが悪くなっているらしくて。
ついおとといから、寝室がなんか匂う状態になりました。
最初、夜中に臭いと気がついて、白猫のどっちかがトイレで砂をかけていないかと思っていたんですが、翌朝に見てみても、きれいに砂がかかってました。
猫の砂、偉大で、ちゃんとかかっていれば匂わないのよ、強烈な排泄物でも。
ところが、ちゃんとしているのに、なんか匂う。
もしかして、トイレからこぼしているか、ほかの場所にしてしまったか。
懸命に探しましたよ。
で、鼻を頼りにニオイを追及して、たどり着いたのが密閉容器でしたとさ。
新しいのを買わなくちゃなぁと思いますが、とりあえず密閉容器を別の部屋に移動して、そいつのあったばしょに脱臭剤を置きました。
それにつけても、おそるべし、白猫兄弟。
なんでこんなに匂うかな。
猫糞というけれど、今までそんなに困らなかったのにな。
ま、生きている証拠だわよね。
PR

今日も何事もなし 

うーむ、今日も書くことがないなぁ。
それはそれで平和ということかと思います。
ぼちぼち半袖の洋服を片づけて、長そでだのフリースだのを出さなくちゃならないんだけど、ついこないだ猛暑日があったせいで、まだまだ夏の気分でいます。
だんだん日本は亜熱帯になるんですかねぇ。
10年くらい前だと、10月ともなれば、ニットのベストを着たり、上着を着たりしないと寒かったと思うけど。
きっと急激に寒くなって、再来週くらいにはヒーターが欲しくなるんだろうなぁ。
メリハリのキツすぎる気候は、これからずっと続くような気がします。
きっと、もう10年たったら、春と秋がなくなるんじゃないかなぁ。
それは困るなぁ。

特になにもなし 

えーと、少しの間考えたんですが、今日は特に書くことがないです。
毎日日記をつけている人って、ホントにすごいなぁ。
三連休明けでなんともだるい一日でした。
そういえば、日曜の未明に台風が通り過ぎまして、ものすごい風が吹いて、私の自動車が粉をふいたように汚れてました。日月と乗らなかったので、気がつかず、きったないまんま通勤です。ここまで汚れることもなかなかないなぁ。
会社に着いたら、仕事場の中まで葉っぱがたくさん入っていたし。
土曜は猛暑日だったし、振り返ればとんでもない三連休だったわよね。
でも、月曜が晴れて気持ちのいい日だったので、すっかりそんなこと忘れてしまう私だ。
そうこうするうちに、雪が降り、冬になるんだろうなぁ。

今日も秋を捕まえに 

今日はとてもよく晴れたので、午前中だけのドライブで浜滝に行って日本海に挨拶して、あとは弥彦スカイラインをぐるっと回ってきました。
弥彦の山頂はなにかのイベントの登山があったらしく、たくさんの人がいましたよ。彼らは多宝山のほうまで行くようでした。
青空の映える滝を見たくて浜滝に行ったんですが、写真がうまくありませんで、あまり青空っぽくなっていません。しくしく。



今週ののっぷぴ

きゃこちゃん。まんまるさんになってお昼寝中。
昨日から穀物使っていないアレルギーフードを試してみています。

秋を捕まえに 

昨日は猛暑日を味わってしまい、まだまだ夏気分なんですが、秋を捕まえに出かけてきました。
とはいえ、台風が日本海を通り過ぎまして、午前1時から明け方まで、我々の住むあたりは、家も揺れるくらいの嵐だったんです。
もちろん、家を午前8時半ころに出たんですが、その時も雨も風も強く、天気予報で晴れの地域である長野を目指していても、はたして本当に晴れているのかと不安になるくらいでした。
結果的には、晴れてはいなかったんですが、風も雨もなく、ちょっと雲が多いお天気でした。それも山の上だけで、長野の市街地あたりは山の上から見ても晴れているようでした。
東御市の東篭の塔山に登ってきたんですが、カラマツはもうちょっとだけ早かったかな、でもナナカマドは真っ赤だな、という感じ。
太陽が照らしてくれたら、きっと素晴らしい色合いになっただろうけど、標高の高い場所はほぼ雲の中のようでした。
帰りに池の平湿原にも立ち寄って、すっかり花の終わった湿原を歩いたんですが、時々咲き残りもありまして。特にマツムシソウは、最初の花が咲き終わってすっかり軸も枯れているのに、その下がわから次の花が咲いている状態で、なかなか面白い生態を持っているんだな、と知りました。
山の上からは富士山方向は雲の中で見えなかったんですが、湿原の放開口からの富士山方向で、あれは富士山の頭じゃないかな~というのが雲の隙間から見えまして、私だけ富士山を見たという自己満足に浸れました。
帰りに唐沢の滝に立ち寄るつもりもあったんですが、菅平高原は霧が深くて暗い感じで立ち寄るのはやめてしまいました。
新潟に入ったらまた雨だったし。
今日は長野に逃げて正解だったようです。


曇りだったんで暗いけど、池の平湿原方向の紅葉の図。


マツムシソウ。けっこうたくさん咲いてましたよ。
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]