忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >  ミユキちゃん闘病記  >  遺影を探してみた
[2868]  [2867]  [2866]  [2865]  [2864]  [2863]  [2862]  [2861]  [2860]  [2859]  [2858

遺影を探してみた 

ミユキちゃんの遺影を探しました。
我が家ではちょっと大きく伸ばして、リビングに額に入れて飾ります。あと、お骨のそばにはフォトスタンドに入れて飾るので、2枚必要です。
ところが、ミユキちゃんったら、真っ黒な猫なもんだから、とにかくピントが合いづらく、ディテールがよく分かるくらい明るい写真だと、ひとみが縦に細くなっていて、ちっともかわいくありません。黒猫、こんな時は困るなぁ。
で、さかのぼって探して行ったら、あっという間にムチャの生きている頃にまでたどり着いてしまい、なんだか辛くてフォルダを開けられなくなりました。
あらやだ、私ったら、ミユキちゃんの写真はそれほど辛くないのに、ムチャの写真はまだ辛いんだ。
と、いうか、猫のサイトも休業状態ながらもっていて、そこにムチャの死亡記事も書かなくちゃないのに、いまだに手が付けられません。
私の体調が激悪の時期と重なったせいもあったけど、とにかくムチャは溺愛していた猫なので、かなり重いトラウマになっているのだ、と、いまさらながらに痛感しました。
いや、ミユキちゃんを愛していないってワケじゃなくてね。
ミユキちゃんは、我が家で唯一の宝物の称号のある猫ですので。
あの子の擬人化できない不思議な個性は特筆ものでした。
そういえば、私は黒いトートバッグで出勤しているのですが、今日、無造作に置かれたそいつを目の片隅にとらえて、普通にミユキちゃんが佇んでいると認識しました。
ちっとも違和感なかったけど、少しして、あっミユキちゃんは死んじゃったんだと気がついて、初めてバッグに見えました。
真っ黒い猫ってば、ホントーに色々なものと見違えます。
これから何度もそういうことがあるんだと思います。
バッグ、ほかの色のやつを買おうかなぁ。色といい、大きさといい、ホント、似ているもんなぁ。
ホントにじわじわと実感がやって来るなぁ。
PR
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]