忍者ブログ

のっぷぴ母日記

んがおRと4匹の猫の日常をつづります。
HOME  >    >  どーした、豆ちょ~っ
[751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741

どーした、豆ちょ~っ 

今日は、本当はイワウチワを見に行った能化山のミニオフについて書こうと思っていたんですが、家に帰って30分で事態が急変しました。
帰った直後は毎度おなじみにテーブルの上を走ったり、わけのわからんものでイタズラしていた豆ちょがごはんをあげようとしたら、どうも様子がおかしいんです。
きょーん、とヘンな声を出すし、ごはんも2口程度しか食べないし。
背中に何かいるみたいに尋常でなくなめまわし、両手もなめまわし、しまいに目の前になにかが飛んでいるのが見えるみたいに目がウロウロするようになり。
これはどう考えても神経系の疾患だ、と思い、急遽動物病院につれていきました。
目を離していたのはほんの5分程度だと思うんですが、その間に何かあったのかもしれないです。
しかし、動物病院の医師に状態を話してもどうにかできるものでなし。
とりあえず、体温を測ったら少し高かったし、痒がっているのは明らかなので解熱とかゆみ止めをまぜた皮下注射をしていただきました。でっかいやつ3本も。
家に戻って、しばらく2階の暗い場所に行って体中なめまわしていたらしいですが、私が見に行くと動物病院に連れていかれると怖がるといけないので、ダンナに時々具合を見に行ってもらいました。
声をかけると、キョーンと答えるとのことでしたが、普段そんな可愛い猫ではないので、かえって心配でした。
が、2時間ほどしたら、自分でキョンキョン言いながら階段をおりてきて、ごはんをあげると、いつもの半分程度ではありますが、食べてくれました。
その後もずっと背中といわず腕といわず足といわず尻尾といわず痒がってなめたり後ろ足でカシカシしたりしていたんですが、薬が効いたのか、たった今寝始めたところです。
痒くて眠れないほどであればかわいそうだとずっと心配だったんですが、これでとりあえずは明日の様子を見るということに落ち着きそうです。
いったい何が原因でこんな症状が出たのか。
まるで、覚せい剤か何かで幻覚が出ているような感じでした。
動物病院の先生にもあらゆる可能性をなげかけてみたんですが、さすがにさっぱりわからない様子でした。
まず、避妊手術をしているので、発情ではないし。
ヘンな食べ物を食べたわけでもないだろうし。
先住猫と喧嘩したとかでもないし。
何かのショックであれば、猫はむしろうずくまって動かなくなるそうです。
脳神経系の病気だとすると、痙攣とかがあるそうだし。
ともかく、急激に出てきた症状なので、おそらく原因さえ継続しなければ、急速に納まるとは思っているんですが。原因がわからないことには、対処もできません。
今日山に行ったばっかりなので、何かしらリュックとかわれわれの体にアレルギー性の花粉か何かがくっついてきたとか。
とにかく、心配です。
PR
Copyright © のっぷぴ母日記 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]